2021/08/11(水)

名盤『Tapestry』からの1位「It's Too Late」

 今からちょうど50年前、1971年8/14付ビルボードのシングル・チャート「Hot 100」にて、11位下降中だったのがCarol King「It’s Too Late/I Feel The Earth Move」!!
 これは有名すぎるくらいに有名な全米ナンバーワン・ソングですね。シンガーソングライター・ブームの直接的きっかけを作ったようなアルバム『Tapestry(つづれおり)』(71年)から、アーティスト(シンガー)キャロルにとって初の(!)大ヒットにして唯一の全米1位ソングが「It’s Too Late」。71年6~7月にかけて5週連続1位、結構なヒット規模になった作品でした。
 この時のチャートで5位下降中だったのが、James Taylor「You’ve Got A Friend」(71年1位)。なんとこの2週前(7/31付)に1週のみとはいえトップに到達していたのが、「You’ve Got A Friend」でした。日本語タイトル「君のともだち」、もちろん前述『Tapestry』に収録されている、あの「You’ve Got A Friend」のことです!そう、なんと『Tapestry』に収録されている曲が、2作品も同時に「Hot 100」のトップ10内にエントリー、しかも両曲とも1位になっていたのです。しかもこの週(8/14)の29位にもRoberta Flack & Donny Hathawayバージョンの「You’ve Got A Friend」がエントリー(最高位)。数週にわたってトップ40内に、Carol Kingの作品が3曲も同時チャートインしていたわけで、『Tapestry』が名盤と言われる所以はこんなところにもあったのでした。
 ちなみにシンガー(アーティスト)としてのキャロル、「It Might As Well Rain Until September」(62年22位)以来のトップ40ヒットが「It’s Too Late」でした。60年代初頭から、あんなに多くのヒットソングを作曲していたのにね。
(KARL南澤)


- Powered by PHP工房 -