2021/07/04(日)

Shakira唯一の全米ナンバーワン…

 今からちょうど15年前、2006年7/1付ビルボードのシングル・チャート「Hot 100」にて、1位から2位へと下降中だったのがShakira feat. Wyclef Jean「Hips Don’t Lie」!
 コロンビア出身の女性シンガーShakiraにとって唯一のナンバーワン・ソングが、この「Hips Don’t Lie」。コロンビアのアーティストによる初の「Hot 100」1位獲得ということで、かなり話題になった作品でしたね。「オシリは嘘つかない」という邦題もナイスだったw。プロデュースはフィーチャリングされていたWyclef Jean、もちろんあのFugeesのメンバーです。
 ちなみにShakiraの初トップ40ヒットは、「Whenever, Wherever」(01年6位)。あの独特な歌声は、このころから発揮されていて、結構ハマったというか、気になっていました。12インチの購入というということでは、「Hips Don’t Lie」が初めてではありましたが、その後の「Beautiful Liar」(Shakira & Beyonce/07年3位)、「Give It Up To Me」(feat. Lil Wayne/09年29位)といったあたりは、思わず購入しちゃってます。不思議な魅力を携えたシンガーということですね。まあShakiraは、ポルトガル語で歌った方が耳に心地よいかと思います。
(KARL南澤)


- Powered by PHP工房 -